「MAYUMI」売上1億円美容師で60歳のインスタが奇跡過ぎる・・・

名古屋・東京表参道を拠点とする、美容室「ミスエッセンス」のオーナーであるヘアデザイナー・美容師のMAYUMIさん(本名:山本真由美)。

自身のヘアカット技法「MAYUMI CUT」は商標登録までされている。日本人特有の頭の形に合わせて立体的に髪型を作る頭蓋骨修正カット、髪1本1本を毛先まで太さを保ち美しくするツヤカットなどがあるそうだ。業界内では似合わせの女王と呼ばれている。

昨今、美容室はコンビニの数を4倍以上も上回り価格競争が激化している。そんな中、MAYUMIさん一人で1億円もの売り上げを叩き出しているのだから驚きだ。

MAYUMIさんのすごさ

  • 10年連続で年間の個人売上が1億越え
  • 単月の個人売上1,265万円(2018年12月)
  • 今もなお、毎年最高売上を更新している
  • 新規客のカット2万円の価格設定
  • 店舗売上も最高売上げを更新している

客単価が低く経営に向かないと言われることもある美容室だが、MAYUMIさんはカットは2万円という高単価に設定している。普通の美容室であればカット以外フルで付けてもお釣りがくる値段だ。

年間1億もの売上げるには月に1000万、(1カ月20日として)1日50万の売り上げていることになる。

美容専門雑誌の調査によると、日本で一番売り上げている美容師とのことだ。経営者でありながらこの売り上げは凄すぎる。

今後はカットの値段を10万円にしたいと語っているが、それは一般人の感覚を逸脱しているような気もする笑。

MAYUMIさんは年を重ねたかたの老いに合わせたカットに自信を持っているようで、技術もさることながらそういった比較的お金を持っているマダム層や高所得層にも支持されているところが高単価を受け入れられる理由なのだろう。確かに50代60代で美容師バリバリやっていますっていう方はお見掛けしない。

プロフィール、経歴など

岐阜県岐阜市出身

美容室を経営していた叔父の影響もあり、20歳で美容師に。

22歳の時、結婚を機にパートとして美容室で働くことになるが、

年2回イギリスに渡りヘアデザイナーのヴィダル・サスーンの学校で技術を習得する。

28歳で独立して美容室を立ち上げ。それから30数年経営者として一戦で活躍。

現在、MAYUMIさんの息子さんはミス・エッセンスの専務を務めているそうだ。

Instagramの写真が奇跡過ぎる

MAYUMIさんの公式インスタが存在しているが、美魔女どころではない。奇跡の60歳。

文字通り、本当の意味での「美容師」という感じである。

お洒落好きとのことで、ファッションにもこだわりがある様子。

息子 恭平(きょうへい)の誕生日でのツーショット。親子仲も良さそうだ。

 

美容室「ミスエッセンス」の新入社員との写真。新入社員と映ってもあまり違和感ないのがすごい。

若づくりではなく、年齢に抗わずに美しいということがベストと語っているが、自分自身にもしっかりと反映されているようだ。