『あいみょん』石原さとみ主演ドラマ「ヘブン」の主題歌がヤバイ!出身や学歴も!

あいみょんさんが、7月24日に8thシングル『真夏の夜の匂いがする』をリリースされました。

同曲は、【石原さとみさん主演ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の主題歌として書き下ろされたものです。
あいみょんさんがドラマのために主題歌を書き下ろされたのは、新垣結衣さん主演ドラマ「獣になれない私たち」に続き、2作目となります。

今回は、今や女子中高生のみならず、大人の女性や男性にも大人気のあいみょんさんの出身地や学歴、そして新曲『真夏の夜の匂いがする』について紹介していきたいと思います。

あいみょんってどんな人?

あいみょんさんのプロフィールを簡単に紹介したいと思います。

ちなみに、2019年8月2日(金)のA-Studioにもゲスト出演しています!

笑福亭鶴瓶さんと 上白石萌歌さんとのコラボも楽しい!

あいみょんさんのプロフィール

生年月日  1995年3月6日
職業    シンガーソングライター、作曲家、作詞家
出身地   兵庫県西宮市

あいみょんさんのシングル曲一覧

  • 1st 2016年 生きていたんだよな
  • 2nd 2017年 愛を伝えたいだとか
  • 3rd 2017年 君はロックを聴かない
  • 4th 2018年 満月の夜なら
  • 5th 2018年 マリーゴールド
  • 6th 2018年 今夜このまま
  • 7th 2019年 ハルノヒ
  • 8th 2019年 真夏の夜の匂いがする

今や音楽シーンを牽引するトップアーティストのイメージがあるあいみょんさんですが、意外にもまだ活動期間は短く、シングル曲も少ないことにびっくりしてしまいました。

年齢も弱冠24歳。デビューしてからブレイクするまでがいかに早かったか、あいみょんさんのポテンシャルの高さを改めて実感しました。
あいみょんさんの曲は、濃密な恋愛の歌を歌っても甘過ぎたりいやらしくなったりしないところが魅力であり、すんなりと入ってきます。

そして、新進気鋭のアーティストであるにも関わらず、曲自体は奇抜ではなく、大人の世代の人にも耳なじみが良いため、幅広いファン層から支持されています。

気になるあいみょんさんの学歴ですが、あいみょんさんは大学には進学されていないようです。
ミュージックWEBストア『OTOTOY』で、ご本人の口からそう明かされました。
「卒業する前からバイトを長いことやっていたので、それをやりつつ音楽をやろうかなと思っていました。」とおっしゃったのだそうですよ。

あいみょんさんは2010年4月に兵庫県立西宮南高等学校へ入学し、2012年3月に中退しています。
そして、2012年4月に兵庫県内の別の高校に編入し、2013年3月卒業されました。
一度、高校を中退されているんですね。そういう挫折した経験もあいみょんさんの曲作りの糧になっているのかもしれません。

『真夏の夜の匂いがする』 ✕ 石原さとみ

ドラマ主題歌として書き下ろされた『真夏の夜の匂いがする』ですが、歌詞が、これまた、ちょっと怪しくて楽しくて、ドラマの登場人物と絡ませながらも夏の夜のドキドキがうまく表現されているのです。

石原さとみさん演じる風変わりな主人公を「偉そうに睨む魔物」と例え、福士蒼汰さんたちが演じる集められた従業員たちを「迷子の迷子の子猫」と例え、「気づけばほら踊らされる」とした表現は秀逸です!

くるくる変わるメロディも特徴的でミステリアスなのですが、歌詞もとてもおもしろいので、歌詞にも注目してみてくださいね。

まとめ

今回は石原さとみさん主演ドラマの主題歌を担当し、ますます勢いづいているあいみょんさんについてまとめました。あいみょんさんは、兵庫県西宮出身で高卒だったんですね。

なんとなく親しみやすい感じがするプロフィールで、ちょっと安心しました。(笑)