日向坂46 柿崎芽実を卒業に追い込んだストーカー!父親にまで被害が?!

日向坂46の中心メンバーだった柿崎芽実さんが、2019年8月11日に卒業を発表しました。

日向坂46は、今年2月に「けやき坂46」から「日向坂46」に改名しました。

「けやき坂46」は通称「ひらがなけやき」と呼ばれていましたが、多くの視聴者にとっては「欅坂46」との区別が難しく、あまりにもややこしいと言われていました。

そんな中での改名。いよいよグループとして大きくなっていくぞという矢先での柿崎芽実さんの卒業は、多くのファンを驚かせたことと思います。

今回はそんな柿崎芽実さんの卒業理由と実はちょっとした有名人である柿崎芽実さんのお父さんについて調査しました。

ズバリ柿崎芽実の卒業理由は?

柿崎芽実さんは、ストーカー被害にあったことが卒業理由だと御本人の口から発表されました。

柿崎芽実さんは、ブログには、

「1stシングルの活動をもちまして、
私は日向坂46を卒業します。(中略)4月頃から心と身体のバランスがうまく取れない事があり、お仕事をお休みさせていただくことが多くなってしまいました。(中略)お休みさせて頂いている間に、今までのこと、将来のことなど、たくさん考えました。

周りの友達も大学など進路を考えている中で、私も自分の人生を考えて卒業という選択をしました」

と卒業の理由を綴っておられました。

しかし、8月11日の柿崎芽実さんの卒業セレモニーにて、柿崎芽実さんから具体的な卒業理由が語られたのです!

「辞める原因はストーカー
5月頃から握手会中止
家族も被害にあった
芸能界は辞めて、普通の女の子として暮らします
ストーカーはやめてください」

つまり、柿崎芽実さんは、ストーカーのせいで心身のバランスを崩し、握手会やステージに出ることができなくなってしまった。

しかも、ストーカーの被害は家族にまで及んだ。日向坂46を辞めるだけではなく、芸能界から引退する。とおっしゃってるんですね。

今まで彼女を応援してきたファンにとって、一人のストーカーのせいで、彼女をテレビで見れなくなってしまうということは、許しがたいことなのではないでしょうか。

そのストーカーが、普通の女の子に戻った彼女をまだなおつけ回すというようなことだけはないように、どうか社会が守ってあげてほしいと思います。

さて、家族も被害にあったとのことですが、柿崎芽実さんのご家族はどんな被害に遭われたのでしょうか。

柿崎芽実さんのお父さんは有名人?!

柿崎芽実さんのお父さんは、フラワーアーティストの柿崎順一さんです。

今年の5月16日、柿崎芽実さんのお父さん、柿崎順一さんのツイッターが荒らされるという事件が起こりました。柿崎順一さんのツイッターを荒らしたアカウントはすぐに削除されたのだそうですが、その直後に柿崎順一さんのツイッターアカウントが何者かに乗っ取られたというのです。

柿崎順一さんは、慣れ親しんだアカウントをあきらめ、2019年6月に現在のアカウントを作りました。

柿崎順一さんは次のようにコメントされています。

「2010年3月より利用してまいりましたアカウントを引き継ぐことが不可能となってしまい、ここに同名のあたらしいアカウントを立ち上げました。

これまでフォローしていただいていた皆様には、こちらを再度フォローいただけると幸いです。これからも何卒、宜しくお願い致します。」

柿崎順一さんのアカウント乗っ取りの一件と柿崎芽実さんのストーカーが同一人物ではない可能性もありますが、柿崎芽実さんがアイドルとして注目されたためにお父さんにまて迷惑をかけるようになってしまったことは確かでしょう。

柿崎芽実さんのアイドルとしてのモチベーションを削ぐには充分な出来事だったと思います。

まとめ

今回は柿崎芽実さんの卒業に関する情報をまとめました。

たったひとりのストーカーの身勝手な行動により、柿崎芽実さんのアイドル生命が断たれたことは残念で仕方ありませんが、彼女自身が出した結論ですので、ファンの方も受け入れるしかありませんよね。

柿崎芽実さんの卒業後の人生が素晴らしいものであることを願っています。