ヒルナンデス出演!節約主婦 中野めぐみの1000万円貯めた方法とは

長引く不況で給料はなかなか上がらず、消費税ばかりが上がりますよね。厳しい状況はみんな同じでも、知恵と工夫で節約し、6年かけて1000万円ためたという兼業主婦が話題になっています。

 

彼女の名前は中野めぐみさん、看護師さんとしてフルタイムで働くワーキングママです。

 

では、話題になっている彼女の節約術とはどんなものでしょうか。

 

ワーキングマザー中野めぐみさんとは?

20代から40代主婦の間で人気の生活雑誌といえば、「サンキュ!」ですが、そのサンキュ!でトップブロガーとして活躍するかたわら、テレビなどにも出演して話題となっているのが、中野めぐみさんです。

 

彼女の本業は看護師さんで、夫と小学生の男の子二人と一緒に暮らしています。

 

忙しい毎日をちょっと楽しく工夫してのりきる節約術で、何と6年で1000万円もの貯金を成功させました。

 

どんなことをしている?

中野さんが実行していることは、4つです。

 

「1週間ごとに献立を細かく決めている」、そして「ポイント活動を1日30分やっている」、さらに「アプリを使いこなす」こと、最後に「買い物には1人でいく」ことです。

 

献立を決めることはスーパーで無駄な買い物をするのを防いでくれます。

 

そして、仕事から帰ってきて疲れてるから今日は外食で、と出費へと流れてしまうのをストップしてくれるのですね。

 

献立が決まっているし材料が無駄にできない、と思えば作る気力がわいてくるのでしょう。

 

ポイント活動は現在主婦雑誌では「ポイ活」と言われますが、ポイントサイトなどでコツコツとポイントをためたり懸賞に応募したりする活動をさします。

 

中野さんはポイ活をすることで年間2万円ほどの商品をあてているそうです。新商品は当たりやすいとのことで、試したいものがあれば懸賞で応募したり、ポイントをためたものと交換するのだとか。

 

中野さんが利用しているアプリは「コード」そして「レシーピ」です。

 

コードは買い物をしたレシートのバーコードを読み取ることでポイントをためることが出来るアプリで、レシーピは読み取った材料で作れる料理を考えてくれるアプリです。

 

夫や子供と買い物にいけば、不要なものまでかごにいれられてしまう、という経験をしたことがある主婦は多いでしょう。

 

中野さんはそれを阻止するために、買い物は必ず一人でいくそうです。

 

詳細をブログで公開

中野めぐみさんは、個人ブログで1000万円をためるまでの日々を家計簿と共に公開しています。注目すべきは月4万円の食費ですが、その内容も書いていますので参考にしてください。

 

決して共働きで世帯年収が高いから達成できたわけではないんだな、ということがよくわかりますよ。

 

また、掃除をして家の中のものを少なくキープすることで、本当に良いものだけにお金を使うことが身に付いた、とも語っていました。

 

ワーキングママくぅさんの時短節約術→https://www.ku-chan-zitansetuyaku.work/entry/2019/09/22/215329