iPhone11のデザインがダサい!タピオカメラな訳とproシリーズの良さは?

毎年9月に新作を出すのがiPhoneの決まりですが、今年2019年はiPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxという3つの新作を登場させます。

しかしアップルからの発表があってすぐ、その新型についているカメラが「タピオカメラ」だと話題になっています。

では、iPhoneのスペックやネットでの反応、発売日などの詳細はどうなっているでしょうか?

iPhone11のスペックとは?

iPhone11は、昨年発売されたiPhoneXRの特色を色濃くうけつぐ機種であり、ディスプレイは6.1インチの液晶で、カラーバリエーションは6色、カメラは2つです。

iPhone11pro画面5.8インチとiPhone11 Pro Max画面6.5インチも同時に発売となっていて、この2種はカメラが3つついているトリプルカメラシステムを採用しています。

XRに比べると消費電力が大幅に下がって、バッテリー時間がかなり長くなっていること、そしてビデオ再生の場合では17時間動作が可能となっています。

カメラ機能は1200万画素で光学式手振れ補正付き、生体認証や耐水機能も標準使用です。

本体は新しい粉砕抵抗技術を採用しているため、スマホの中で最も頑丈なガラスを採用しているそうです。カメラが美しく、壊れにくくバッテリーが長時間耐えるということですね。

タピオカメラと呼ばれる理由とネットの反応は?

今回出てきたiPhone11のプロシリーズは、カメラが何と3つあります。より夜景などが綺麗に撮れるためだそうですが、カメラの黒い丸が3つ並んだ様子を見て、今年大流行だった「タピオカドリンク」を連想した人が多かったようです。日本では瞬く間に「タピオカメラ」と呼ばれるようになってしまいました。

3つのカメラが連動するメリットとしては、プロのようなポートレート撮影が出来たり、一眼レフでなくても写真を自然なボケを加えつつ奥行きがあるものに出来るそうです。

ちなみに3つのカメラは順番に「望遠カメラ」「広角カメラ」そして「超広角カメラ」となります。

では、それを見た人がネットにあげた反応です。

「新型iPhoneタピオカメラとか言われてたからんなことないやろって思ったら予想のよりタピオカだった。なにあれ」

「集合体恐怖症の人が怖がってる」

「カメラ3つが普通になるの?申し訳ないけど気持ち悪い・・・」

実際にはそのデザインが不評を買ってしまっているようですね。

他にはタピオカではなく、装甲騎兵ボトムズのスコープドッグやアニメ映画「もののけ姫」のコダマではないか、と揶揄されています。

発売日と値段は?

iPhone11が日本で発売されるのは9月の20日で、予約注文は9月の13日から開始されます。

発売価格は3通りで、64GBが74800円、128GMが79800円、256GBが90800円となっています。