台風時の養生テープの貼り方やおすすめ品は?窓ガラスから身を守る

台風時の養生テープの貼り方についてです。

地球の温暖化が進み、生まれる台風はどんどん強力になってくる上、今までにはなかったコースで突撃するようになっています。

今回19号が関東全域を襲うコースが発表されて以来、台風には慣れていない土地では、いろんな情報が錯そうしていますよね。とにかく、そんな中でも窓の養生だけはしっかりとやっておきましょう。

今回は、窓の養生の仕方やおすすめの商品を紹介します。

台風時、窓にはこうして貼れ!養生テープやガムテープ

最近たてられた家のガラスには細かい鉄線が入っており、割れにくくはなっています。しかし台風の強烈な風にはそんなものも歯が立ちません。

であれば、その後の被害が少ないように、できることをするしかありません。

まずは窓の養生の仕方ですが、雨戸やシャッターがない窓には、テープで「米」の字をかくように貼り、割れたガラスが飛び散らないようにしなければなりません。

雨水が入りこむ可能性がある窓では、外側からテープをはってください。また、サッシの部分は先に綺麗に掃除をしてください。

更に強度を高めるのであれば、ダンボールなどを窓にはりつけることです。これでどこからか折れた木や周辺の家の植木鉢などが飛んできた時でも大丈夫です。

窓を養生した後はカーテンをしっかりとしめ、そのカーテンもクリップか何かで抑えるようにしましょう。飛来物が窓を割って突っ込んできたとき、あなたの身を守ってくれるのはカーテンです。

台風時の養生テープ おすすめの商品は?

家にはガムテープしかない、という方でもとにかく何もしないよりはした方がいいので、ガムテープでいいですから養生してください。

しかし、ガムテープは粘着力が強く、台風が過ぎ去ったあとも中々とれず、その後の窓枠の掃除が大変になってしまいます。

そこでおすすめなのが、台風防災用テープです。これはパイオランという名前で、ネットで検索すればすぐに出てきます。

透明性があって外から目立たず、手で簡単に切れる上にはがしやすい、のり残りが少ないという嬉しい特徴があります。

または、ホームセンターなどで販売している、養生テープも良いですね。粘着物が残りにくくきれいにはがせますので、誰にでも使いやすいでしょう。幅広のものも販売していますので、何かのために備蓄しておくことも推奨します。

また、普段の防犯に仕える防犯テープもおすすめです。自宅の窓にあわせてオーダーメイドで作れますので、無駄もありませんし、台風が去ったあとにも外す必要がありません。紫外線カットというおまけもついてきます。

created by Rinker
ダイヤテックス
¥618(2020/09/18 16:22:37時点 Amazon調べ-詳細)