織田信成 反論2

織田信成 反論が切実!関大の報道に対しモラハラを告白!誰から?

織田信成さんの反論が注目されています。

プロアイススケーターで織田信長の子孫としても有名なのが、織田信成選手です。彼は卒業した関西大学にてアイススケート部の監督をしていましたが、9月9日に退任を発表しました。

 

その際、一部の報道に事実とは異なるものがあったこと、自分の口から真実を語りたいと述べて、ブログで話を発表しています。

 

では、その中身はどんなものでしょうか。

 

織田信成 反論 ブログで報告!モラハラを受けていた?

プロスケーターの織田さんといえば、人懐っこい笑顔と涙もろい面が有名な男性ですが、彼は卒業した関西大学のアイススケート部監督を任されていました。

 

ところが9月にそれを退任、報道によると「多忙であるため」ということでした。

しかしその報道に対し、織田さんが9月29日にブログで反論したのですね。

 

内容は、「多忙が理由で退任したのではない。リンク内で、私に対して嫌がらせやモラハラ行為があったため、春ごろから体調を崩すようになったからだ」ということでした。

 

更に関大との話合いで、多忙で監督として時間が取れないなどとは話していない、と真っ向から否定しています。

レスリングの伊調選手のこともあり、スポーツ界ではモラハラやセクハラが横行している、というイメージがつきつつありますが、今回の織田さんの発表で、それがますます強くなってしまうことは間違いありません。

 

織田信成 反論 ネット上での反応は?

織田選手は穏やかで泣き虫、とにかく人が好さそうというイメージが強いため、彼がここまで言うのであれば本当なのだろう、モラハラは許せない、というコメントが多く目立っています。

 

「いつも笑顔で人のこともすごく応援している選手なので、彼はこんなことをいうのは余程のことと思います」

「スポーツ界のモラハラにはうんざりです。教育現場である大学内でそんなことが起こったこと、そしてそれを隠蔽しようとする姿勢はひどいです」

「大学教員の中には政治力だけ長けていて、研究能力や指導力の乏しい人間は多々います。離れるのが一番ですよ」
「判明した時点で早急な謝罪と原因解明をし、話し合いをきちんとすれば織田選手はここまでしなかっただろう。関大の誠意は地に落ちたね」

 

恐らく大学の教授陣・経営陣の誰かが嫌がらせをして、アイススケート部から追い出そうとしたのでしょう。

監督にモラハラが出来る立場の人はそうそういませんので、遅かれ早かれその正体が明かされると思います。