瀬戸康史と岸井ゆきの ルパンの娘でお見合い!相手のエミリ役が独特!

深田恭子さん主演ドラマ「ルパンの娘」で、瀬戸康史さん演じる和馬のお見合い相手の女性・エミリが話題になっていますね。

今回は、エミリを演じている女優さんと原作におけるエミリのネタバレについて紹介したいと思います。

和馬のお見合い相手・エミリを演じている女優は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】木10ドラマ『ルパンの娘』さん(@lupin_no_musume)がシェアした投稿

エミリ役の女優さんは、岸井ゆきのさんです。

岸井ゆきのさんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

岸井ゆきのさん(@yukino_kishii)がシェアした投稿

生年月日1992年2月11日(27歳)※2019年現在
出生地神奈川県
身長148.5 cm
血液型AB型
職業女優

主なテレビドラマ出演作品

  • 『99.9 -刑事専門弁護士-』シリーズ
  • 『真田丸』
  • 『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』
  • 『まんぷく』映画
  • 『おじいちゃん、死んじゃったって。』
  • 『愛がなんだ』

受賞歴

  • ヨコハマ映画祭 第39回 最優秀新人賞
    『おじいちゃん、死んじゃったって。』

岸井ゆきのさんは、おとなしくて素敵なお嬢様の役から、口の悪いキツめの女性の役やめちゃくちゃ性格が悪い怖い女の役まで、完璧に演じることができる憑依型の女優さんです。

「ルパンの娘」で演じている対人関係が苦手で自分に自信のない女性の役はまたしても、岸井ゆきのさんの新境地ですね。

今回の作品だけを見た方には、岸井ゆきのさんのお顔立ちがわかりにくいかもしれませんが、とってもかわいい顔をしているんですよ。

原作小説におけるエミリの役回りは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

岸井ゆきのさん(@yukino_kishii)がシェアした投稿

※ネタバレを含みますので、知りたくない人は読まないでください。

交際一年のカップルである華と和馬。和馬は華との結婚を考え始めますが、華は泥棒一家の娘で和馬は警察一家の息子、華は和馬と別れることを覚悟し始めます。

それでも和馬を好きな華は、ジリジリと別れを先延ばしにしていましたが、ついに和馬に華の家族の正体がバレてしまいます。

泣く泣く華と和馬が別れて、一年が経ちました。

和馬はお見合いをして結婚することになります。

和馬は、正直、華と結婚できないのなら相手は誰でもいいと思っていたので、すんなりとそのお見合い相手との結婚を受け入れます。

そのお見合い相手というのがエミリでした。

ドラマでは、エミリは華との交際中から登場する女性でしたが、原作小説ではエミリは和馬と華が別れてから登場する女性でした。

また、ドラマのエミリは地味でとても内気な女性であり、和馬のことをかなり気に入っている様子ですが、小説のエミリの人物像は曖昧な感じでした。

私のイメージでは、ごく普通の今どきのおしゃれなお嬢さんといった印象でとらえていたので、ドラマのエミリを見て、少しびっくりしました。

最終的に和馬とエミリの結婚式の当日に、華は一家ぐるみで花婿(和馬)を盗みに入り、無事花婿の強奪に成功します。そのときにエミリは、すっと涙を一筋流します。

ドラマのエミリが同じ目に遭うのかと思うと少しかわいそうな気がします。

まとめ

今回はドラマ「ルパンの娘」で、和馬のお見合い相手のエミリ役を演じている女優の岸井ゆきのさんと、原作におけるエミリに関するネタバレを紹介しました。

和馬と華が迎える結末も気になりますが、エミリの恋の行方にも注目していきたいですね。