米田肇 レストラン 仕事の流儀に登場!天才シェフの口コミは?

辛く長く厳しい下積み時代を経て、やっと一人前となることが出来るというのが料理界の「常識」ですが、大阪にミシュランも認めるレストランを構える米田肇シェフは、天才と呼ばれる実力を持っています。

 

料理人としてのスタートは26歳と遅く、異色の経歴を持つ「天才シェフ」である米田さんは、どんな人で、どんなレストランを経営しているでしょうか。

 

紹介していきます。

異色の経歴!米田肇シェフとは?

米田肇(よねだ・はじめ)さんは小学生の時に料理人のテレビ番組をみて、料理人に憧れを持ち、卒業文集には「一流のシェフになる」と書いていたそうです。

 

しかし、高校を卒業したら料理の専門学校へ行きたい、というと両親に反対され、高額の学費をねん出できないために進路を得意だった数学に変更、

近畿大学の理工学部電子工学科に入学します。

 

卒業後は一般企業にエンジニアとして入社し、そこで2年間働いて学費の600万円をためたそうです。

 

そして大阪の辻料理専門学校へ入学、翌年には卒業して神戸のフレンチレストランに入店、2002年に渡仏するまで修行を重ねます。

 

エンジニアだった人が料理人になった、という異色の経歴は、学費をためるためだったという理由があったのですね。

彼は小学生の時に持った夢「一流のシェフになる」を叶えるために、努力を重ねて道を進んでいたわけです。

 

フランスで2年働き、北海道の洞爺湖にあるウィンザーホテルで部門シェフを1年つとめ、2008年に独立して大阪へ戻ります。

そして「Hajime RESTAURANTGASTRONOMIQUE OSAKA JAPON」をオープンさせたのでした。

 

このレストランは何と、オープンして1年5か月という短い期間でミシュランガイドの3つ星を獲得しています。

これはミシュラン史上最速だそうです。

米田肇 レストラン「HAJIME」の口コミは?

米田シェフは「本当に素晴らしいレストランを作る」という

コンセプトで「Hajime RESTAURANTGASTRONOMIQUE OSAKA JAPON」を作りますが、

さらなる飛躍と革新を求め、2012年には再オープンさせます。

 

そのレストランの名前は「HAJIME」、1日に1回夜のみの営業であり、オリジナリティあふれる創作フレンチを提供しています。

 

口コミではやはり絶賛が目立ちます。

口コミ米田肇 レストラン「HAJIME」

「フルコース18皿は毎回驚きと感激がおとずれます!唯一無二の世界観は体感しないとわかりません。とにかく料理は素晴らしく美味しく、接客もさすがミシュラン3つ星の店だと思えるくらい完璧で居心地がよかったです」


「店内は撮影禁止ですが、それは料理の温度にこだわっているからだそうです。写真をとっている間に温度が変わるからですね。
メニューは読んでも理解不能ですが、味は大変美味しく、最後まで食後感が軽く、体が喜んでいるのを感じました」


「料理というカテゴリーにはおさまりません。まさに芸術を頂いた、という感じです。値段は相当張りますが、それだけの価値があります」

 

一流のシェフになる、と小学生の時に決め、それを実現した米田シェフ、これからの活躍もますます楽しみですね。