青木人生 水商売専門不動産!キャバ嬢が家を売る?その経歴とは

2019年の10月8日放送のテレビ番組「セブンルール」に出演するのは、青木人生さんです。

彼女は何と新宿は歌舞伎町で水商売に従事している人専門の不動産アドバイザーなのですね。

さらに、現役でキャバクラ嬢でもあり、2足のわらじを履いている女性です。彼女が自分に課すセブンルールが何かは番組を見ることで分かりますが、ここではプロフィールなどを紹介していきましょう!

・青木人生、水商売専門不動産 どんな女性?

まずはプロフィールからです。

  • 名前:青木人生(あおき・ひとせ)キャバ嬢名:ルナ
  • 1988年7月26日うまれ、2019年で32歳
  • 静岡県出身
  • 不動産アドバイザー、キャバクラ嬢

幼い頃に母子家庭となり、生活費を浮かせるために祖母の家へ引っ越した、と本人がインタビューで語っています。

現役キャバ嬢とあり、大変な美人さんですね。正統派の美人でしょう。

青木さんは苦労して育ててくれた母のためにと勉学に励み、静岡県では有名な中高一貫学校、静岡英和女子学院高等学校へとすすみます。

周囲には母子家庭がいない状況で常に違和感を感じていましたが、「このクラスで一番稼げる女になる」と決意をしたとか。

明治大学に進学後、母の負担を減らすためにキャバクラでバイトを始めます。

卒業後はアパレル会社に就職しますが、不動産に転職、しかしうまくいかず辞めてしまいます。

サロン経営なども経験されたそうで、その体験を元にしてライターとしての仕事が入るようになります。

そして、キャバクラ嬢として活躍していた時から交流があった「KURESTA」という夜の仕事専門の女性のための部屋を探す不動産に出会い、その営業広報として働くことになったのですね。

青木人生、水商売専門不動産 どんな活動をしている?

水商売の女性は様々な理由を抱えている方が多く、保証人もいなければクレジットカードも作れない、という人もいます。

そんな女性のために活動しているのですね。

青木さん本人も、大学時代に部屋を借りようとしたらお母さんが水商売ということで不動産に断られた経験があるそうです。

「水商売に対する見方を変えたい」と、管理会社や物件のオーナーに説明を繰り返し、扱う物件数を地道に増やしていきます。

口コミで広がって、彼女を指名して紹介を頼む水商売の女性が殺到したそうです。

現在付き合っている人はいないようですが、本人が「水商売を辞める時は寿退社のとき」と語っていますので、結婚もされていないでしょう。

インスタグラムでは飼っているマルチーズと猫、フェレットの投稿も多く、多忙ながら独身生活を楽しんでいるようです。