横浜流星 空手世界大会の覇者!動画を探してみた。これが世界レベル。

現在、放送中の「あなたの番です」で、見事なアクションシーンを披露して、視聴者の度肝を抜いた横浜流星さん。
最近テレビでよく見かけるようになってきた新種のかわいいイケメンくん…と思ってただけの人にはびっくりですよね。

実は、横浜流星さんは、極真空手の世界チャンピオンという経歴を持ちます。
あのスイートなルックスからは想像できませんよね。

今回は、そんな横浜流星さんの空手の実力と、世界チャンピオンになるまでの経緯について調べていきたいと思います。

横浜流星さんと空手との出会い

横浜流星さんは、小学校一年生のときに空手を始めたのだそうですが、埼玉県北葛飾郡にある松伏道場に所属していたと言われています。
横浜流星さんは、最初から強かったわけではなく、毎日の厳しいトレーニングに耐えることで、実力をつけていきました。
空手は特に練習がハードなスポーツだと言われていますよね。横浜流星さんも空手についてインタビューされたときに「練習がキツくて、辞めたいと思ったことは何回もある」と答えておられます。
それでも、空手から逃げることなく、練習に励み続けることにより、徐々に試合に勝てるようになっていったのだそうです。
努力は必ず報われる…ということを身を持って体感したことのある人は、強いかもしれませんね。
横浜流星さんが時折見せるシャープな雰囲気やどこか一本芯が通ったような眼差しは、空手をやっていたからこそ身についたものなんだと思われます。

横浜流星さんの空手シーンが見られる作品はこれだ!

横浜流星さんが世に出るきっかけとなった作品は、2014年放送の「烈車戦隊トッキュウジャー」であったと言われています。
トッキュウジャーの中で、横浜流星さんは、トッキュウ4号という役を演じました。
こちらの作品では、トッキュウ4号のアクションシーンがたっぷりと堪能できるのですが、なんと横浜流星さんが全シーン、スタントマンなしでアクションシーンを演じておられるのだそうです。

特に33話は「カラテ一番」という空手をモチーフにした回であり、横浜流星さんの特技が活きるストーリーに仕上がったようです。

横浜流星さんの空手の実力は?

横浜流星さんは、極真空手の初段を持っておられます。
いわゆる黒帯と呼ばれるやつですね。

横浜流星さんは中学生でこの初段まで上り詰めており、
中学3年生で、2011第7回国際青少年空手道選手権大会で、優勝を果たしました。

高校生になり芸能活動が忙しくなってからも空手を辞めることはなく、さまざまな国際大会で結果を残しておられます。

大会の試合の動画はこれ!

国際大会の動画はありませんが、2011年の「全日本青少年大会」の動画がありました。

極真空手とは?

極真空手とは、対戦相手に技をダイレクトに当てても良いとされる、 直接打撃制の空手のことをそう呼ぶのだそうです。極真空手は、1963 年に誕生しましたが、それまでの空手は、相手の体に直接当てることを避けた、いわゆる「寸止め」が、基本ルールだったのだそうです。

極真空手は、かなりハードですし、痛そうな競技です。ゆるふわっとした雰囲気のある横浜流星さんがこのスポーツのプロだなんて、なかなか素敵なギャップですよね♡

まとめ

今回は、横浜流星さんの空手についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。
正統派イケメンであるにも関わらず、アクションシーンまでこなせるという横浜流星さん、かっこよすぎですよね!
肉体的にも精神的にも根性のある横浜流星さん、これからますます俳優さんとしても飛躍していけそうな予感に溢れています。