ダイアモンド・ユカイの選択!実の母親、高齢者の免許返納を考える

高齢者の免許返納、ダイヤモンド・ユカイの選択はこうした!と注目されています。

近年、高齢少子化社会となってしまった日本では、核家族化も手伝って老人が一人で車にのるケースが増えています。それに伴って、老人が起こす交通事故も増えているのですね。

新しい記憶では、渋谷で車が暴走し、自転車で横断歩道を待っていた親子が亡くなってしまった事件でしょう。犯人が中々逮捕されないので、世間ではかなり話題となりました。

では、そんな高齢者に免許を返納してほしいとき、あなたはどうするでしょうか?ロック歌手のダイヤモンド・ユカイさんは、こうしたのです。

ダイヤモンド・ユカイ 選択 高齢でしっかりものの母に免許返納を頼む

ダイヤモンド・ユカイさんの母親はかなりのしっかりもので、85歳になるまで車であちこちでかけていたそうです。

しかし高齢者の起こす事故が多いため、心配していたユカイさんは、母親に免許返納をすすめます。

返ってきた答えは「あんた、何言ってるの?」であり、母はガンとして免許返納に頷かなかったそうです。

しかしそうしている内にも時がたち、何度も目にする高齢者が起こす事故のニュース、彼はとうとう行動に出ることにしたのです。

車に傷があるのをみつけ、修理するからと乗って出てきてそのまま返さなかったそうです。車は廃車にして、母に説明、しかし「なら新しいのを買う」と言い出す始末です。

ディーラーや周囲の人間に電話をしまくって、絶対車を売らないようにと言い含めたとか。その努力が実り、店に断られ続けた母も諦めてくれました。とうとう2人で返納へといったそうです。

ダイヤモンド・ユカイ 選択 免許返納ではどんな特典がある?

ただ免許を返納するだけではショックを受けますし、自分がすごく老け込んだかのような気になって意固地になってしまう年配の方も多いでしょう。

実際に不便にもなります。そこで、国としては免許返納された方へ特典を設けているのです。

例えば特典の中には、タクシーやバスの運賃割引や商品券、美術館や飲食店などの割引券がもらえます。マイカーを手放すことで困らないように、公共機関の割引をしている市町村が多いでしょう。

住んでいるところで得点は変わりますが、東京では信用金庫の金利優遇やホテルでの割引、大阪では商店街や美容院での割引制度など、普通に暮らしているだけでも得をすることが多くなります。

免許の返納は各自治体の運転免許センターや警察署でも受け付けています。

人間は年をとれば注意力も散漫になり、思うように物事に対処が出来なくなるのが普通です。70歳をこえたら、免許返納を考えていきましょう。