「モトカレマニア」ドラマ化に向けて原作漫画ネタバレ・あらすじを紹介!

2019年10月秋から新木優子さん主演でドラマ「モトカレマニア」が始まります。原作漫画は三巻出版されており、四巻は未発売、雑誌Kissにて連載中です。

今回は瀧波ユカリ先生原作の「モトカレマニア」をもとに、その内容をネタバレしていきたいと思います。

モトカレマニア原作漫画 1巻

主人公は、難波ユリカ(27)5年前に別れた元彼・マコチを理想のエア彼氏にしつつ、充実した日々を送っています。

そんなユリカは求職中だったのですが、不動産会社に就職することになりました。

そして、その職場でまさかのマコチとの再会を果たすのです。しかし、自分が作り上げた妄想のマコチと現実のマコチとの差に戸惑うユリカ。

自分に好意を持ってくれている山下との交際を真剣に考え始めました。

モトカレマニア原作漫画 2巻

いよいよ覚悟を決めて山下とベッドインしようとしていたユリカですが、山下には引きずっている元彼女がいることが発覚しました。

ユリカと山下は二人ともに忘れられない元彼・元彼女がいることは確かですが、それなりにお互いに好意は持っています。

ということで、お互いの状況を相談したりなぐさめあったりしながら、愛を育んでいこうと、ユリカは山下に提案します。

それからのユリカはマコチのことで傷ついたり悩んだりしても山下に癒され、そこそこ安定した日々を送っていました。

しかしある時、ユリカの勧めもあり山下は元彼女とヨリを戻すことになりました。山下がいなくなったことに大してユリカはダメージを受けていませんでした。

モトカレマニア原作漫画 3巻

ユリカはマコチに勢いで告白してしまいました。この時点では、マコチからは回答は得られず。

しかし、マコチが同棲中の女性がマコチの恋人ではないことを知ることはでき、ユリカは少し安心しました。

その女性はさくらという小説家でした。さくらの方は、マコチに対して恋愛感情を抱いており、勝手にマコチの携帯をのぞき見して、ユリカの存在が気になっていました。

その後、マコチは完全にユリカを好きになり始めたことを自覚しますが、快適なさくらの家を出たくないという理由からユリカと交際の意思を固めることはできませんでした。

傷ついたユリカは、男性用の恋愛指南書を読み漁り、マコチとの関係を進展させようと躍起になるようになりました。

モトカレマニア原作漫画 4巻(未発売・連載中)

仕事がうまくいかなくなり、落ち込みがちのマコチは、同居中のさくらに手を出そうとしてしまいました。

その行為がさくらのプライドを傷つけ、同居は解消することになりました。

この出来事を機会に、ユリカとマコチは交際することになります。

元鞘に戻ることができたユリカは幸せを噛みしめ、最高の気分でいました。しかし、マコチは…

モトカレマニア原作漫画 まとめ

紆余曲折を経て、やっとマコチと交際することになったユリカですが、マコチの方はユリカとの交際に違和感を感じていました。ユリカは、そんなマコチからのサインを読み取ることができるのでしょうか。

「モトカレマニア」は、原作漫画の方ではまだエンディングを迎えていません。

ドラマがどのような結末を迎えるのか、楽しみですね!

 

漫画を読むなら「まんが王国」 無料で読める漫画が3,000作品以上! 会員登録(無料)キャンペーン中!